電車に乗り遅れた話

*FC2ブログから移行した日記です*

会社から最寄りの駅の入り口は、地下通路を通らないといけません。

地下通路から上がる手段は階段、エレベーター、車椅子用エレベーターの3種類。
階段はけっこう段数があるので、上がる時はほとんどの人がエレベーターを使います。
車椅子用のエレベーターは駅員さんを呼ばないと動かせません。

で、今日の帰り道。
発車まであと2分というギリギリの状態でした。
エレベーターを駆け上がろうとしていたら、途中で車椅子の男性に阻まれてしまったんです。
もちろん私が乗ったのは普通のエレベーターです。

なんと車椅子の男性は普通のエレベーターに乗って、両手を広げて手すりに捕まって体勢をキープしながら上がっていたのです。
広げた両手はガッツリ行く手を阻み、何人たりとも通さないぜ状態。

私はもう唖然としました。
男性に「ちょっと通して下さい」なんて避けてもらうわけにはいきません。
そんなことお願いしたら車椅子のバランスが崩れて落下、もれなく後ろの私も巻き添えになります。
それ以前にそんなことお願いできませんけど。💦

結局、男性の後ろでジッと耐えたあと、駅のホームまで猛ダッシュしました。
が、ホームまで登ったところで快速電車は見事に発車。
あのエレベーターで駆け上がることができたら絶対に間に合ったのに。

おかげで家に着くのは22:30です。
とほほ…。